おすすめ家電レビューサイト

Menu

ノンフライヤー調理器 カラーラ AWFM02KD

今回ご紹介する家電品はノンフライヤー調理器のカラーラ(型番AWFM02KD)です。
購入したのは2018年12月です。
購入するキッカケになったのは、彼女手作りの鶏唐揚げです。
私は胸肉の唐揚げが好きで、この話を彼女にしたら胸肉で作った鶏唐揚げを持ってきて食べさせてくれました。
これは旨い!と感じ、自分でも胸肉を使った鶏唐揚げを作ってみようかと思ったんです。
ただ私は独身一人暮らしをしており、一人身だと油物の料理を作るって結構大変というか無駄が多いんです。
連日揚げ物料理を食べるってわけにもいきませんし、一回使っただけで大量の油を捨てるのももったいない・・・。

どうしようかな~と悩んでる時、そういえば一昔前ノンフライヤー調理器ってあったよな?とネットで検索してみました。
すると結構あります。
高いものから安いものまで。
とりあえず家電量販店へ実物を拝見しにいったのですが、店頭に置いてあるのは今回購入したカラーラのみでした。

これがなかなかにデカイ。
値段・サイズ・重量・使い勝手を確認し、店頭購入はせずに一度自宅へ戻りました。

自宅で改めて検証します。
カラーラーかなりの大きさだったので、台所におけるかどうか等。
とりあえず設置場所の確保出来ました。

次に他競合品との比較です。
カラーラ店頭価格は16800円、ネット最安値は15800円
他競合だと高めは30000~50000円、安めは5000~10000円。
金銭的に余裕があれば高い方でもいいんですが、鶏胸肉唐揚げを作る為だけに30000万以上の出費は正直キツイ。
出来れば5000円~10000円程度が良かったんですけど、クチコミを見ると気になる部分が多かったんですよね。
料理に電化製品臭がつくというヤツ。
これは電気ケトル購入時にも経験してるので良くわかります。
安い素材を使ってると臭い面がキツクなりやすいんですよね。
これを考えると安すぎるのもダメです。
幸いカラーラーはそういうクチコミがありませんでしたし、ショップジャパンブランドを信用して購入しました。
ネットの方が安かったので、ネット購入です。

カラーラの操作方法はわかりやすいです。
つまみを回して操作するんですけど、イラストや文字で各種設定というか目安みたいなのを記載してくれてるのでオジサン世代でも余裕で使えました。

ただサイズと重さは結構気をつけた方がいいですね。
大型炊飯器ぐらいはあると思った方がいいです。
しかもこれに高さまで加わっていますから。
後は重さです。
なんと4kgもあります。
私は男性なので余裕で持ち運び出来ますけど、女性だとキツそうですね。

電気コードはそんなに長くないので、設置場所やコード延長用にテーブルタップを使う等の工夫が必要。

次に実際に使ってみた感想です。
まず良い点は、油を使わずに揚げ物が出来る、目を離しても大丈夫という点ですね。
まあ最初の点は、これ目的でカラーラを購入したんですけどね。
揚げ物を作っても油処理しなくても良いというのは凄く便利です。

次にタイマーセットしておけば、時間まで放置しておける点です。
普通に油を使って調理するとそんなわけにはいきませんよね。
セットさえしておけば手は空きますし、その間にもう1品作ったりテーブルセッティングしたり出来るので助かってます。

残念に感じる点ももちろなります。
騒音、後片付けの面倒さ、一度に作れる量の少なさです。
まず音ですが、相当やかましいです。
一軒家の方なら大丈夫ですが、マンション住みの方だとキツイですね。
夜食代わりに鶏唐揚げを作ろうかな~と思っても、周囲への迷惑を考えると二の足を踏むと思います。

次に後片付けですが、調理トレー内を洗うのが結構大変です。
金具に唐揚げの肉がくっついたりしますし、結構気合いります。

そして作れる量の少なさ。
一度で唐揚げ1人前分程度は作れるんですけど、大食漢の私だと物足りない。
家族の居る方も同様だと思います。
無理に詰め込むことは出来ますけど、そうすると唐揚げ同士がくっついたり揚げ加減にムラが出来てしまいますから。

あと気になるのは味ですね。
手軽に出来る分、油で揚げる物同等の味を再現するのは無理なんだろうなと納得してますけど。
ただ私の好きな唐揚げとの相性は良いよいで、さほど不満はありません。
最初の頃は粉っぽいと感じる事もありますけど、この辺りは粉の付け加減で調整出来るようになります。
後はコロッケ等の温め直しでも使えますね。
電子レンジよりカラーラーの方が断然美味しく復活します。

ただ天ぷら等の水分多めの揚げ物には向いてないです。
一応調理可能になってますけど、味はいまいち。

私のように独身で油物の調理が面倒って方ならカラーラはいいと思うんですけど、普段から揚げ物を作りなれてる人や家族で暮らしてる方には不向きかなって感じました。

プライバシーポリシー